一般社団法人
青少年育成支援 大和の心

大和のこころからのお知らせ

menu

PAGE TO TOP

青少年育成における「食育」の大切さ

現代の子供達にとって“食べる”行為とは、ただ「食物を摂取する」ということに過ぎません。

私たちは自然の恵みを教育する“野菜くる”の活動を通して、子供達が「食物が出来るまで」の過程を学び、“食べる”事に対しての感謝の気持ちを育むことが必要だと考えております。

その想いが、大和の心の「食育支援」の原点となっています。

野菜くる

 

農業の実体験を通して得る自然と調和することの大切さ

実際の“畑”を用いた農業体験

私たちは、子ども達が実際に野菜づくりを体験できる自家農園を運営しております。

野菜をつくる為には、土づくりに始まり、害虫駆除、環境管理など、多くの準備や作業が必要となります。自然環境の中で実際に農業体験をすることで、自然に生かされている人の命、すなわち自然と人の調和の大切さを伝えています。


“スマホ世代”が体験できない事を

「ヴァーチャル」世界の発展と同時に、子供達が自然と触れ合える環境は年々少なくなっています。私たちは“スマホ世代”の子ども達に、土の感触や手作りの野菜のおいしさなどを体験させ、伝える事で、子ども達に「人間らしい心」を広めていきたいと思っています。

“スマホ世代”が体験できない事を

 


Copyright(C) 一般社団法人青少年育成支援大和の心 All rights reserved.